HOMEへ戻る
お問合せ
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< オーラソーマのヴィーガンネイル | main | アレクサンドリア見てきました >>
ナルニア国物語 アスラン王と魔法の国
ナルニア国物語アスラン王と魔法の国を見てきました。

これって原作では「朝びらき丸」とか、何か違う題名だった気がします。

この時期には不謹慎と思われるほど、津波を思わせる場面が多数あります。
しかし、海が舞台で、魔法ときているから、仕方ないですよね・・・。

話はとても面白かったです。

3D映像がとても綺麗でした。
3Dというと画面が暗いことが多いですが、これは明るかったです。
最近のトロン(まだブログに書いていない・・・)を見た頃から3Dの技術が飛躍的に良くなった気がします。

主人公の女の子は1作目の時は小さくて、どちらかと言うとあまり美形ではなく、「何でこの子が主役?」という感じでしたが、3作目になると美しくなっていて、驚きました〜。

映画の中で姉の美しさにコンプレックスを抱いているのですが、そんなことはない!十分美しく、かわいいです!この変容ぶりは驚き。

ナルニア国物語は、イギリス文学です。ハリーポッターよりもずっと古い。

この中にイギリスの精神がとても現れているな〜と改めて思いました〜。

この震災後で疲れきった空虚な今、アスランの言葉は心に響きました〜。

この映画で言われていることは「冒険を恐れるな」「自分の価値を信じなさい」「勇気」。
恐らくこれがイギリスの教育、精神の真髄であり、子供達は何度も小さい時から刷り込まれていくのだと思います。こうやって物語などを通して・・・。

ハリーポッターだって、同じような感じだものね〜。きっとイギリス人のテーマなんでしょうか?

オーラソーマでいうと、ターコイズとゴールドの個性化のプロセスみたいですね!
(オーラソーマもイギリス生まれ)

そうしてみると、日本人が子供の頃から何度も刷り込まれていることってなんなんでしょう?






 
| 映画 | 21:37 | - | - |