HOMEへ戻る
お問合せ
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< Bryan Adams | main | 4月17日#68 歩んできた道を肯定する日 >>
「鉄の女」見てきました
マーガレット・サッチャーさんの「鉄の女」を見てきました。
イギリスの首相と言えば、まずサッチャーさんが頭に浮かんで、次にブレアさんかな〜というくらい、子供の頃のサッチャーさんは強烈に印象に残っています。

映画は思っていたよりずっと良かったです。
彼女の努力は大変なものだったと思います。だからこそ、そんな意志の強い彼女だからこそ、完璧主義だったんだと思いますね。

強い女性が男性から疎まれるのは今も昔も変わらないですね。
現代の職場事情と重なるものがありました。

私はサッチャーさんを尊敬します。

オーラソーマ的な観点から見ると、サッチャーさんの服の色の変化は興味深かったです。
若い女性の頃はペールブルーの服をきていて、出世するにつれて段々色が濃いブルーになっていき、頂点に立つとロイヤルブルーになり、やがて裏切りや拒絶や退陣という犠牲になるとレッドになります。

ロイヤルブルーは孤高の色ですからね...
 
表向きというか、ブルーを着ているのは保守党の公式カラーだからという理由みたいですが、オーラソーマ的な解釈で見るのも面白いです。
 
| 映画 | 19:59 | - | - |