HOMEへ戻る
お問合せ
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< スギライトとの相性 | main | 釈迦の背丈は4.85メートル >>
ダーツ、ビリヤード、スコーン イギリス文化
昨日、新宿のダーツバーに行きました。
ダーツの隣にはビリヤード台があり、結構人がいました。

こういうイギリス的な雰囲気に浸ると本能的にワクワクします。
ダーツの足を置く場所と的がある所までの距離は近いようで遠い微妙な距離。ダーツも投げるだけだけど、奥が深い。ボーリングのように数人で遊べるところも盛り上がって楽しいし、気軽。

ダーツ、ビリヤード、サッカーもやっていることは単純なのにどこかスタイリッシュでおしゃれで、奥が深い、それでいて、ちょっとワルっぽい…それがイギリスらしさですね〜。

イギリス人はどうってことないことに世界ルールを作って広めることが上手いんですよね。

イギリスに住んでいた時、テレビでビリヤードの試合の実況中継をしていました。日本では見たことないけど、それは私だけで、ケーブルテレビでは見れたりするのでしょうか?でも日本でビリヤードの試合をテレビで見たい人がどのくらいいるのでしょうかね?

そのイギリスでのビリヤードのテレビ中継ではそれが競技のルールなのかよく分かりませんが、たしか、選手達は正装してました。ちょっとおぼろげな記憶ですが、蝶ネクタイをしていたように思います。

寮にもビリヤード室があったし、家にビリヤード台がある人もいたし、ビリヤードはやはり日本よりはポピュラーなんでしょうか?

そんな訳で、昨日は大好きなイギリスに思いを馳せていました。
今日はカフェでスコーンが目に入り、ついつい注文してしまいました。
でもスコーンは日本の方がおいしいです☆
| イギリス関連 | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aya.sophiacolors.com/trackback/502851
トラックバック