HOMEへ戻る
お問合せ
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< 最近の子供の誕生日 | main | 冬至からボトルを使い始めました >>
篤姫のバースボトル
NHKの大河ドラマ篤姫が終わってしまいました。
珍しく大河ドラマを見ました。じっくり見たのは徳川家康以来な気がします。(もうかなりずっと前…)

ストーリーはかなり大雑把だったけど、篤姫に焦点を絞るとしょうがないですかね。幕末の描き方がかなり大雑把でした。それに篤姫はかなり美化されていたような気がします。それでも、大変な人生であったことには変わりないし、それに確固とした信念と強靭な精神力で乗り切ったのは事実です。

それにしても、毎回のように人が亡くなるドラマでした…。

そんな大変な人生だった篤姫のバースボトルはと言うと…1836年2月5日生まれなので、フローレンス・ナイチンゲールの25番です。一桁までにするとゲッセマネの園の7番ですね。

25のボトルがバースボトルの人は家族に恵まれないことが多いですね。それだけに、他に使命を持っている人が多いです。辛く、大変な事が多いけど、どれを乗越えていく人生の事が多いので、マゼンタの愛と情熱でそれを乗り切り、バイオレットの奉仕で使命をやり遂げ、それと同時に周囲の人に癒しを与える人と言えます。レッドが多く入っているので、バイタリティと行動力で突き進むのは今回の篤姫のドラマではぴったりと言えますね。

7のゲッセマネの園は自分への信頼が試されるボトルです。
自分の人生に起こる事を、人生のプロセスを信じて受け入れる。このボトルはかなり「厳しいボトル」です。

どちらも篤姫にはぴったり過ぎるボトルで、納得できます。

あの音楽が好きだったので、終わってしまったのが残念ですね…。

□温ぱら□ 九州・山口の宿泊施設一覧はこちら!宿泊予約も受付中です。
プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】
楽しい旅には日産レンタカー!!会員入会で10%OFF!!
女性は必見!『女性のための保障』と『嬉しいボーナス』
| オーラソーマに関するブログ | 12:25 | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aya.sophiacolors.com/trackback/779764
トラックバック
篤姫について考える
何気なくネット見ていたら篤姫の関連する記事を見つけました。私もコレ見て参考にし...
| 篤姫 | 2008/12/22 3:53 AM |